タミフルを服用しても安全?

インフルエンザの流行期間にタミフルと加湿空気清浄機

インフルエンザという流行性の感染症を防ぐには、幾つかの対策法を学んでおく事が大切です。この対策法の中でも大きな効果が期待できるものに、加湿空気清浄機の使用があります。ウイルスの感染が拡大する傾向がある期間は、湿度が低い状態が継続する事が特徴で、ウイルスが飛散しやすい状態がつくられることが理由とされます。そのため、室内では加湿空気清浄機を使用して、空気中に蔓延するウイルスに水分を含ませ、地面に落下させ空気中での滞在期間を短くする事が大切です。この加湿された室内環境が、呼吸によるウイルスの吸入を防ぐ事になり、インフルエンザ発症の大きな理由とされる空気感染を防ぐ手段となるのです。また、加湿空気清浄機は、乾燥した時期でも喉を適度に潤わせ、気道の粘膜の機能を正常に保つ効果が期待できます。それゆえに、加湿空気清浄機での室内の加湿は感染症予防には重要な役割を担い、空気感染を予防するには理想的な対策とされているのです。
また、タミフルは、インフルエンザに感染した際に処方される効果の高い医薬品ですが、この薬はインフルエンザの予防にも効果を発揮することが、多くの臨床実験のデータからも伺えます。それゆえに、感染が拡大している期間に適度な量を服用することで、効果的な感染予防の対応策となるのです。しかしながら、タミフルの服用は乱用する事で薬効が低下してしまうこともあり、タミフルは特定のインフルエンザにのみ有効であるなどの特徴も把握し、これらの薬効の特性を活かした使い方をする事が求められます。
更に、インフルエンザ対策には、ウイルスが蔓延している時期に体調を整えておく事も大切で、日常生活のリズムを整え免疫力の低下を防ぎ、抵抗力をつけておく事が大切です。