タミフルを服用しても安全?

エボラ出血熱とインフルエンザにタミフルで治療

タミフルはインフルエンザの治療薬として知名度の高い薬です。このインフルエンザの治療法で使用される薬品は、体内でのウイルスの増殖を制御する効果があり、治療法として服用するだけではなく、インフルエンザの予防対策としても有効であることが知られています。
インフルエンザの治療法として用いられる医薬品には複数の種類があります。その中でも作用機序が異なる医薬品が、エボラ出血熱などに有効である事が確認され始めました。それゆえに、タミフルにも同等の効果が期待出来るのではないかと推測された方もいらっしゃいましたが、タミフルはインフルエンザのウイルスに対して有効な医薬品で、エボラ出血熱には効果がない事が明らかになっているのが現状です。
タミフルには基本とされる使用法があります。とりわけ重要なのが、インフルエンザのウイルスに感染した後のタイムリミットです。通常は、時間的な猶予は二日以内とされており、この期間にタミフルを服用する事ができれば、体内でのウイルスの増殖を飛躍的に押さえ込む事が可能です。しかし、インフルエンザの細菌に感染し、一定の期間が経過してしまうと、ウイルスの制御が困難になるほど増殖してしまうために、タミフルは早期の服用が不可欠です。
インフルエンザの治療薬やエボラ出血熱で使用された医薬品は、抗ウイルス効果のある薬の服用が頻繁で、継続して服用したりする事で耐性がついてしまい、実際にウイルスに感染した場合に上手く効果が発揮できないケースも見られます。そのため、これらの治療薬は、予め使用が制限されていたり、適切な服用基準が定められていたりなどしているために、しっかりとしたルールを守り服用しなければならない医薬品です。