タミフルを服用しても安全?

タミフルで多発性硬化症やインフルエンザ感染経路対策

インフルエンザと多発性硬化症の関連については、以前から注目されています。 インフルエンザに感染してしまうと、多発性硬化症の症状が悪化したり、再発させるリスクがあるというデータもあるのです。 それだけに、インフルエンザの感染経路対策を十分に行って、インフルエンザウイルスへの感染や多発性硬化症の発症を抑えることが重要となるのです。 もちろん、インフルエンザに実際感染してしまったら、タミフルなどの治療薬を飲むことで対応していきます。 それはある意味で最終手段であり、本来ならばインフルエンザなどの感染症は事前に予防しておくことが望ましいといえます。 その際、大きな役割を果たしてくれるのが予防接種です。 おそらく多くの人が一度はインフルエンザの予防接種を受けた経験があることでしょう。 インフルエンザが流行し始める冬が訪れる前に、予防接種を受けることになります。 そうすることで、いざ流行時期が訪れても、インフルエンザにかからずに済むのです。 ただ、予防接種を受けることができなかったり、予防接種の効果がなかった場合には、タミフルなどの治療薬で治す他ありません。 毎年、沢山の量のタミフルなどが日本に輸入されます。 それらを用いて、インフルエンザを治していくこととなるのです。 そして、国としては感染が大きく広がらないように、感染経路対策も十分に行っていくことになります。 感染経路対策を綿密に行っていけば、局所的な流行で終わらせることも可能だからです。 これがもし、日本全体で流行してしまったら、日本社会全体が大混乱に見舞われてしまいます。 それだけは避けたいので、日本政府もインフルエンザの感染経路対策に力を注いでいるのでしょう。