負けない投資方法があるのか?その存在が先乗り投資方法

負けない投資方法があるのか?その存在が先乗り投資方法

投資で負けないということはないかもしれません。

ただ負けにくくするということはかなりの可能性もあるかも知れません。戦国時代で有名だった武田信玄も勝ち戦はそんなに多くはなく実際は引き分けが多かったとか、ただし負け戦が極端に少なかったみたいです。

そのように株式投資においても負けないということが大事になってきます。大勝ちしても最終的には負けてしまっていれば意味がありませんからね。そういうふうにならない投資方法こそ先乗り投資方法です。

安定して勝ち続ける先乗り投資方法とは

これは株式市場の仕組みを理解しているからにありません。株式市場とは一般的な個人投資家が主役ではありません。機関投資家や大口投資家と言われる存在が主役です。ではおさらいとして機関投資家や大口投資家とはなにか確認してみましょう。

機関投資家と大口投資家とはどういう存在?

機関投資家とは

顧客から預かった巨額の資金を株式や債券等で運用する機関、例えば、生命・損害保険会社、銀行、信用金庫、年金基金(GPIF)、投資信託、ヘッジファンド、共済組合、政府系金融機関など

が呼ばれています。大なり小ありますが、大きいところですと数十兆という単位の資産を運用していますね。

大口投資家とは

個人投資家、海外投資家の中でも相場に影響を与えるくらいの売買高が多い人々のことを指します。当然この中に、機関投資家も含まれます。こういうのは著名な投資家だったり個人的なファンドが多いですね。

機関投資家と大口投資家の動きを知ることが鍵

こんな莫大の資金を持っているのですから彼らが主役であるのは間違いありません。それに如何に個人投資家はついていけるかが問題となります。

それに彼らも利益を確保しておかないともっと上の出資者たちに怒られてしまいますからね。なのでこの動きをどれだけ熟知しているかが株式市場で生き残る鍵になるわけです。

それに株で勝つというのは自身の買った株をあとで買いたいという存在がいないと利益が生まれない仕組みになっていますからね。

逆に売りから始める場合は逆となってきますが、考え方は一緒です。

大口投資家といったメインプレイヤーに動きを把握すれば必勝

先乗り投資方法は機関投資家や大口投資家が買う前に銘柄を予測して買うという戦略を取っています。

大口投資家も負けることがありますがリスクを最小限にしていますので、こちらも大口投資家たちと同じリスクそして同じリターンまたはそれより大きなリターンを得る最高の投資方法です。

TOPページを見る