先乗り投資法「源太三種の神器」は、どんなメソッド?口コミや体験談をレビューします!

株式投資というものは、「ハイリスクハイリターン」の傾向を強く持っています。

誰しもがある程度理解していることだとは思いますが、私は5年間の投資経験から、より強くそれを感じています。

かつて私はリターンを追い求めるあまり、800万円の借金を背負うことになりました。

つまりリスクが現実になってしまった、というわけですね。

しかし私は、大岩川源太先生の考案した「源太流三種の神器」により、「ハイリスクローリターン」「先乗り投資法」を知ることになりました。

今では先乗り投資法で、サラリーマン投資家として手堅く投資し、勝つことができています。

今回はこの源太流三種の神器のメリットや口コミなどを、レビュー形式で解説します。

Contents

そもそも大岩川源太って誰?

そもそも大岩川源太って誰?

その前に、「大岩川源太先生って誰なんだ?」と考えている人も、多くいるはずです。

誰かもわからない人のメソッドなんて、怖くて使えないですよね。

大岩川源太先生は、株式投資におけるプロフェッショナルです。

独特な株式分析、確かな投資センスで、投資業界の権威と呼ばれるようになりました。

現在は株式会社アセットレボリューションの社長に着任されています。

過去には日本経済新聞社傘下「NIKKEIラジオ」で投資情報番組でパーソナリティを務めていたことも。

また、「日経マネーデジタル」「月刊ENTAME」などにも寄稿。

さらには「オリラジ経済白書」など、人気番組にも出演されています。

現在は日本BS放送「源太の即効投資戦略」を放送中です。

というように大岩川源太先生は、株式投資の世界でものすごく評価されている人物です。

これだけでも、かなり安心してもらえるのではないでしょうか?

大岩川源太の思いとは?

このようなプロフィールの大岩川源太先生ですが、かなり最近の投資界隈の実情に対して疑問を呈しているようです。

まずは圧倒的に個人投資家でも勝てる本物のノウハウが不足していること、そして目先の利益ばかり求めて生徒に還元しないスクールが多いことです。

その結果、多くの個人投資家が登場しては去りの現実が辛くこういうスクールを立ち上げたという経緯があります。これは誰のせいでもなく努力不足と言われていた私にはとても刺さった言葉です。

勝てるノウハウを知る機会がないのに勝てる訳がないのというのは目から鱗でびっくりしてしまいました。

怪しい投資スクールは存在するのか?

存在するのは間違いないです。ただそれが怪しいというのは個人の判断に任される部分が多いので何とも言えないところが多いでしょう。

ただし源太先生は今どきチャートの読み方を教えているようなスクールは講師も勝っていないだろうし、時代遅れとおっしゃっています。

確かに講師が全く成果を出していないスクールなど信憑性にかけますし、チャートの読みが古いというのは後述する大口投資家の動きを考えれば一目瞭然なのかもしれません。そういうところはプロモーションや広告は上手なので注意する必要はもしかしたらあるのかもしれませんね。

広告代理店でも挟めばスマートにすることも可能だったりしますし、気をつけることに越したことはないかもしれませんね!

先乗り株カレッジで学習する先乗り投資法とは?

先乗り株カレッジで学習する先乗り投資法とは?

先乗り投資法は、大岩川源太先生が考案された、特別な投資法です。

優良銘柄を見抜いて、分散して投資し、安定的に利益を確保するというもの。

基本的に負けることはほとんどなく、しかし大勝ちできる可能性があるという、たいへん優れた投資法です。

私はこの方法で、年収1,000万円ベースの収入を得られるようになりました。

とはいえ、「それができないから困っている、できたらやっている」という人もいるでしょう。

もちろん、何の準備もなしに先乗り投資法は実践できません。

そこで必要になるのが、「源太流三種の神器」である、というわけです。

先乗り株カレッジで稼げるには理由があるのか?

特別なことを何かしているという訳では全くありません。本当に基礎的なことをしているだけの方法なのですが、これが出来るというのはやはり源太先生のキャリアや経験があってからこそなのだと思います。

ではどうして先乗り投資方法は安定してローリスクハイリターンの運用が出来るのか紐解いて行きたいです。

大きく稼ぎ方法はこれしかない

株式市場を詳しく知っている人なら当たり前のことですし、株価がどうして上昇するか理屈がわかっている人ならすぐにわかることですが、株価は売り買いの需要と供給のバランスが崩れると上昇します。

つまり、株で大きく儲けるためには、絶対に自分より後に大量に買ってくれる存在が必要となるわけです。そうしないと株価が上昇しないわけですからね。

ではそんな大量に株を買ってくれる存在がいるのかという話になるのですが、それがいるんです。

大口投資家と呼ばれる存在です。

大量の資金力で市場を動かしているプレイヤーです。個人投資家では歯が立たない資金力を持っています。(もちろん個人投資家が群れになれば勝てないこともないのですが、それは現実的に無理ですからね)

大口投資家が買う前に買うであろう銘柄を買ってしまえばいいだけの話です。

個人投資家が負ける理由はこれ

先乗り投資方法に出会う前の私がそうだったのですが、値動きしている株を見てはそれを買いにいってしまい、変なタイミングで売り利益どころかマイナスになってしまっていました。

これにも理由があって納得しました。もう値動きが始まっているときにはもう大口投資家は終わりにかかっているということです。それなのでその動きに釣られた個人投資家が参入したとしてもばっさりとやられてしまうというわけです。

個人投資家でも勝てるようになる方法

繰り返しになりますが、そういう動きだけを見ていてはひたすらと負けてしまい株式市場から撤退を余儀なくされてしまいます。生き残るには大口投資家の動きを読みその前かほぼ同じタイミングで相乗りしないといけないわけです。

なので大口投資家の動きを把握してそれに乗ればほぼ勝てると言ってもおかしくないですからね。

大口投資家も大口投資家で顧客から大量の資金を預かっていて運用をしているので損をしてしまいましたでは済まされない世界ですから。

大岩川源太の経歴に注目

ある疑問が生まれるかもしれません。それは大口投資家の動きってそんなに簡単にわかるものなのか?ということです。

これは大岩川源太さんの経歴にも関わってくることなのですが、今現在でも大口投資家である証券会社といった機関投資家の相談にも乗っているので彼の考えが手に取るようにわかるわけです。

ですので、どういう銘柄を欲しているのかどういうタイミングで買うのか売るのかそれが最新情報でアップデートされているわけです。

最新情報という肝で株式市場は変化していく世界なのでつい最近の情報が古い情報になってしまうということもよくあります。常に最新情報を手に入れることの出来るのが強みと言ってもいいでしょう。

源太流三種の神器ってどんなもの?怪しい詐欺?

源太流三種の神器ってどんなもの?怪しい詐欺?

源太流三種の神器は、3つのステップで構成されている、特殊なメソッドです。

メソッドどおりに投資すれば、先ほども述べた「ローリスクハイリターン」な先乗り投資法を実施できます。

私のように手堅く稼ぐことも可能だし、もっと多くの利益を狙うことも可能です。

3つのステップを簡単に解説すると、以下のようになります。

ステップ①:源太指数で、勝てる銘柄を発掘

ステップ①では、投資すべき「勝てる銘柄」を見つけます。

勝てる銘柄を見つけるうえでは、「源太指数」を利用します。

源太指数は、初心者でも自動的に勝てる銘柄を見つけられる、すぐれた指標です。

中には源太指数を使っただけで、7万円を1億円にしたという人もいます。

そのケースも含めて、億万長者を何十人と排出しています。

源太指数を使いこなすのは、決して難しくありません。

ちょっとだけパソコンを使えれば、誰でも簡単に、これから値上がりする銘柄が見つけられます。

次々と銘柄を発見し、そして分散して投資する、というわけですね。

中には、今後10倍、20倍にまで成長する銘柄も。

ちなみに、本当に勝っている人はチャートなんて見ていません。

初心者ほどチャートに振り回され、間違った判断をしてしまいます。

勝ちたい人が見るべきは、チャートではなく源太指数です。

ステップ②:源太カレンダーによる売り買いタイミングの決定

源太指数で投資する銘柄を決めたら、次は売り買いのタイミングを決めます。

いかに優秀な銘柄がわかっていたとして、タイミングを間違えれば稼げません。

ここでは、「源太カレンダー」というものを使います。

大口投資家たちの売り買いタイミングは、ある程度カレンダーで決まりきっています。

それを知っておけば、直近の株価変動は予測可能です。

つまり、「いつ売り買いすればよいか」というのが理解できます。

というように源太カレンダーがあれば、売り買いタイミングは正確に判断できる、というわけです。

もっとわかりやすく言えば、「大口投資家たちに乗っかる」、というものですね。

ちなみに源太カレンダーは、新型コロナウイルス騒動にも耐えました。

あれ以上のことが起こらない限りは、ほぼ安全というわけです。

とにかく源太カレンダーがあれば、余計な負けを減らし、そして確実に勝率が高められるというわけです。

源太カレンダーだけを眺めていても上手くタイミングがわからないときもありますが、そこは問題ありません。しっかりと源太先生の授業で細かい部分は細くして頂けるので、次第と源太カレンダーを見ていく間に肌感覚でこのタイミングだなということがわかるようになってきます。

感覚としては英語が聞き取れなかったのにある瞬間からいきなりわかるようになったという感覚に近いと思います。

ステップ③:攻撃と防御を最適化する資金管理術

最後は、資金管理術に関するステップです。

先ほども触れたとおり私は資金管理で痛い目を見ているので、個人的にはこれがもっとも参考になりました。

株式投資をやっている人にとっては、資金管理術はたいへん重要です。

正直、資金管理術が理解できていないと、いくら投資センスを持っていても勝てません。

多くの人は資金管理術を軽視しているから、負けてしまうのです。

しかし源太流三種の神器でマスターできる資金管理術なら、資金を溶かすようなことはほとんどなくなります。

どれだけのリスクを許容出来て、どれだけのリターンがあるのかがわかれば何事も心配はいりませんからね。

それに資金管理術は安定して勝ち続けるには最も必要なことになります。大きく投資しすぎてもいけない場合がありますし、逆に少なく投資しすぎても駄目な場合もあります。そういう感覚が資金管理術では身につくことが出来ます。それに資金管理術は様々なことにも応用が出来ます。

例えば株式投資だけではなく、不動産投資やFXと言ったものからはたまたギャンブルまでリスクとリターンのコントロールが出来ればそこも自ずとわかるようになってくるのは当然ですよね。

源太流三種の神器まとめ

源太流三種の神器まとめ

というように源太流三種の神器は、とても優れたメソッドです。

もう少しわかりやすくまとめると、

①源太指数で、確実に勝てる銘柄を見つける

②源太カレンダーで、大口投資家に合わせて、ベストなタイミングで売り買いする

③得られた収益を、きちんと資金管理する

というかたちです。

メソッドどおりに投資していれば、ローリスクハイリターンで勝負できるようになります。

負ける事は考えづらくなるし、むしろ10倍・20倍と伸びていく銘柄を確保できることも。

こうなると資産は、面白いように増えていきます。

銀行の預金残高は、今まで見たこともないような数字になっていくはずです。

私が源太流三種の神器を活用し始めてよかったこと

私が源太流三種の神器を活用し始めてよかったこと

実際に私は、源太流三種の神器を使ってから、大きく人生が変わりました。

その経験を、レビュー形式でお伝えします。

借金を返せるようになった

とにかく私の場合は、「借金を返せるようになった」というのがうれしかったです。

先ほども言ったように私には800万円の借金がありました。

「来月はどうやって生活しよう…….」と思うくらい切羽詰まっていて、本当に人生が終わると思っていました。

しかし源太流三種の神器を使うことで、ようやく株式投資で、着実に利益が出るように。

運用半年後には年収1,000万円ベースに乗っかり、ひとまず借金で首が回らないという事態は避けられました。

今もまだ借金は残っていますが、完済するのは時間の問題です。

全体交流でモチベーションアップ!

「全体交流」のイベントがあるのもよかったです。

全体交流会は、源太流三種の神器で投資に取り組む人たちが集まるイベント。

セミナーだったり食事会だったりと、形態はさまざま。

ここで同じ立場の人たちと出会うことで、モチベーションが高まりました。

一人で黙々と投資に打ち込むというのは、意外と辛いものです。

源太流三種の神器があれば負けることはありませんでしたが、だからといってずっと一人で続けるのは辛いもの。

しかし全体交流会に参加することで、「将来、何がしたいか」「目標はいくらか?」というようなことを共有。

「他の人たちには負けていられないな」と考えるようになり、より投資に対して真摯に向き合うようになりました。

徹底したサポートで安心できた

源太流三種の神器には、手厚いサポートがついています。

参加者全員が結果を出せるように、ということで、とにかくお節介なくらい助けてくれます。

サポート期間中なら、メールでも電話でも、無制限で相談できます。

ここまで手厚くサポートしてくれるサービスは、他にはほとんどありません。

何か困ったことがあるたびに、電話で相談していました。

先乗り株カレッジはどうやって学ぶのか?

ここは気になる部分かなと思います。先乗り投資方法や源太流三種の神器が素晴らしいものであっても習得までに時間がかかってしまったら少しだけ勿体ですからね。なので期間も半年としっかりと区切っています。

これは半年でしっかりとしたトレーダーに育てるという源太先生の意気込みが伝わってきますね。

では実際にどんなことをやればいいのかご紹介していきたいと思います。

オンライン講義で基礎から常識、応用を習得

いつでもどこでも受けられるということで人気のオンラインで源太先生が自身の知識を余すことなく披露してくれます。目の前にスマホやパソコンがあれば講義を受けることが出来るので、通勤中の電車でもいいですし、仕事の隙間の時間に見るのもありです。

私は休日に一気に見てわからないところを通勤のときに見ている感じでしたかね。また視聴回数も無制限となっているのでわからないところや気になるところも何回も見れるので基礎や常識やもちろん応用も次第に習得していけます。

源太流三種の神器を使って実戦勝負

いきなりとは思いますが、株式投資は実際に投資しないと意味がないものだったりします。 なにせ株式市場で稼ぐので決して座学で勉強しているだけでは利益になることはありません。

勉強は準備の段階であると考えたほうがいいでしょう。そして、本番になるわけですが、しっかりと源太流三種の神器がテンプレートとしてあるので心配することもないでしょう。源太指数を使い優良銘柄を見つけて、源太カレンダーで売り買いのタイミングもわかっているので、失敗することはないです。

資金管理術でリスクのコントロールとどれだけの許容量がわかっているので、安心して投資が出来ます。

これらがテンプレートとしてあるので迷うことなく決定出来ます。実際私も何も迷いとかなくすんなり銘柄を選んで購入してポジションを買えていけばいいだけでしたからね。

ディスカッションで銘柄発掘勝率向上

これがあるのでとても助かっています。トレードしている最中は孤独になりますし、本当にタイミングがあっているかどうかわからない部分があります。

多くのスクールはこうしたのを投げっぱなしにしてしまう傾向がありますが、源太流先乗り株カレッジではそんなことは一切なく生徒同士で自身のトレードがどうだったかディスカッションを行います。

そうするとどういうことが起きるのかいうとアドバイスも貰えることも出来ますし、的確なアウトプットが出来るようになります。

そうするとフィードバックもいい結果に繋がり勝てるようになってきますね。このディスカッションが何よりもいいと私は思いました。

3つのことをやるだけで投資家として資質が上がります。

この作業を日常の一部として取り組んでいくと徐々にセンスが皮膚感覚でついてくるようになります。

難しいことも特にすることもないですし、簡単な気持ちのままやって頂ければ成果はついてくるでしょう。

ステップバイステップで、3ステップのテンプレート通り作業すれば、自然に損小利大の効率いい投資ができるようになります。

複利の力で加速度的に資産が上昇

私は借金があったので中々出来ることではなかったのですが、投資で得た資金を貯金や消費にまわすのではなくさらに投資にまわすことによって加速度的に資産が増えていきます。

これが複利というもので自身が月に何%利益を求めているかを考えその数字の通り利益を出し、利益をさらに上乗せして投資をしているとあるポイントで加速度的に利益が増えて億万長者への道が開けることになります。

実際、先乗り投資方法で億万長者になっている参加者はこの方法を使っている人が多い印象です。

源太流三種の神器に寄せられている口コミ評判は?悪評はある?

源太流三種の神器に寄せられている口コミ評判は?悪評はある?

源太流三種の神器には、他の人からもたくさんの口コミが寄せられています。

しかし、悪評と呼べるようなものは、ほとんどありません。

基本的には好意的なものばかりです。

口コミ①:失敗しないメソッド(34歳:男性)

最初は、「本当に稼げるのか?」と思って疑っている部分がありました。

しかし「どうして稼げるのか?」というのが根拠立てて説明されており、次第にメソッドには大きな信頼を寄せるようになりました。

今のところ源太流三種の神器で見つけた銘柄において、負けたことはありません。

特に銘柄選びの課題が解決できたのは大きいですね。

自分はいつも銘柄選びを失敗して、泣かされてきたので……

面白いように収入は増えていくし、もう無理してサラリーマンを続ける必要もなくなってきました。

「楽して稼げる」を目指す人には最適(29歳:男性)

源太流三種の神器は、ただ稼げるだけのメソッドではありませんでした。

何せ、楽して稼げるのです。

源太指数と源太カレンダーが示すとおりに銘柄選定と注文を入れるだけで、あとはほったらかし。

昔のようにトレード画面にかじりついているというようなこともなくなりました。

しかも、それでいて勝率はバリ高です。

源太流三種の神器を使い始めて、すでに弁護士や医者並の収入にまでたどりつきました。

少しの知識があれば使える(女性:44歳)

私は、株式投資やパソコンについて、ほんの少ししか知識がない状態で、先生の教えを受けるようになりました。

初めは「本当に私にもできるのかな?」と心配していたのですが、すぐに源太流三種の神器を使いこなせるようになりました。

しかもきちんと成果が出て、今では旦那の年収よりも稼いでいます。

旦那に養われているだけではイヤ! というのが私の考えなので、今出ている結果にはすごく納得しています。

老後2000万円問題の不安も持っていたのですが、このメソッドが全て解決してくれました。

失敗しづらく確実性は高い(38歳:男性)

正直、これを買ったときは、「ものすごく勝てるわけではないんだ…..」と思いました。

とはいえ、「額は少なくてもほぼ確実に勝てる」というところには感動。

株式投資では「負けない」ことが大切なので、このメソッドはそれだけで価値があると思います。

「数億円稼げる!」「月収1,000万円!」などと言っているメソッドは、全部詐欺。

そんなワケがないですからね。

しかし源太流三種の神器はそんなことを謳っていなかったし、現実的な解決策を示していると思います。

圧倒的な実績あり、失敗しにくい理由がある

評判もさることながら評価をされているのは何より実績です。これがないとどんな優れているという投資方法も証明になりませんからね。しっかりと億万長者を排出しているのですからそれが実績といえるのでしょう。

20名以上の億万長者が誕生?その内訳は?

20名以上の億万長者が誕生しているときくと凄いと思うのが当たり前なのかなと思います。しかし、これの分母が多い場合はどうでしょうか?

仮に10万人という数でしたらそれくらいいてもおかしくないなと思いませんか?意外と何名と数字を出しているところは上手く分母を隠しているところがあります。

しかし、源太流先乗り株カレッジは300人程度としっかりと分母を出しています。まだたったの300人程度なのに20名以上億万長者が出ているというのは驚異的だと言えます。

生徒皆が生き残っているという安定さが抜群

95%のトレーダーが損をしているこれは恐るべきデータです。つまり5%のトレーダーしか利益を生んでいないということを意味します。

しかし、源太流先乗り株カレッジの場合は生徒が全員しっかりと稼いでいます。ここはある意味億万長者を出すということより難しいことなのかもしれません。

億万長者が数十名いてしかもその下には年収にして数千万円から数百万円の生徒たちがほぼいるとなるとこれまたびっくりです。

中には中々トレードが出来ない立場の方などもいるので実際のところを見てみるととんでもないというのがわかります。

先乗り投資方法がどれだけ生存戦略に長けた投資方法なのかというのがわかりますね。

先乗り投資方法に向いているタイプのご紹介

今までどんな人が向いているのかなと思ってきましたが、私が経験した中で間違いないのがこのタイプです。

✓ 株で大きな資産を築きたい

✓ 株で億万長者に成りたい

✓ 安定収入を得たい

✓ 贅沢するお金や、自由な時間が欲しい

✓ 老後の金銭不安を一層したい

✓ 忙しい中でも副収入を得たい

どちらかという株式上級者というより初心者の方が勝っている印象があります。これは余計な先入観がなく、教えを忠実に実行出来るからだと思います。

再現性の高いノウハウだから初心者でも大丈夫

誰でも同じことをすれば儲かることが出来る再現性の高い先乗り投資方法のメリットでもあります。繰り返しになりますが、初心者だからとか知識があるとかそんなのは関係ありません。

また性別とか性格とか関係なく個人の特徴を指摘してくれる指導になりますので、平均して勝てるようになります。

まとめ

まとめ

源太流三種の神器は、ローリスクハイリターンな「先乗り投資法」を完璧にガイドしてくれる、すぐれたメソッドです。

借金地獄から助けてくれた先生と、このメソッドには本当に感謝しています。

私はすでにメソッドを利用して成功していますが、今の目標は、「他の人も成功させる」ということ。

家族や友人、そしてレビューを見てくれている人にも、同じ経験をしてもらえればと思います。

もし興味があれば、源太流三種の神器で、先乗り投資法にチャレンジしてみてください。